Top
<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
夏の小旅行〜2日目
b0144426_17342154.jpg




2日目の朝。
レースのカーテン越しの朝日で自然に目が覚めました。
顔も洗わずに、そのままベランダへ出てみると、ん〜なんとも気持ちのよい朝。
朝っぱらから田園風景を眺めながらジャグジーに。最高です。
リビングの窓から見えるあぜ道に野生の雉が見えました。
写真を撮ったんですけど…豆粒みたいにしか映らなかったのでUPは却下。



b0144426_17342994.jpg





ささ、楽しみにしていた朝ご飯。
朝から館主さんが炊いてくれた竃ご飯ですよ。





b0144426_17343830.jpg





朝食は竃ご飯の和朝食。
とは言っても、懐石料理?というくらい、次から次にお皿が運ばれて来ます。
もう、お腹いっぱい。

1時間もかけてゆったり朝食をとった後、
名残惜しいですがお宿を後にして向かった先は…





b0144426_1734477.jpg





世界遺産に認定された合掌造りの里、五箇山。





b0144426_17345734.jpg






それから、それから…



b0144426_1735636.jpg




長〜い、揺れる吊り橋を渡って




b0144426_17351567.jpg





同じく、世界遺産に登録された白川郷。
五箇山より、観光客が多かった。さすがです。

合掌造りの殆どは民宿として営業をされているようで、
軒先には浴衣やら枕カバーなんかがたくさんはためいていました。
ふふ。



b0144426_1735243.jpg





この日はとっても空がきれいだった。
陽射しは強いけれど、空気がカラッとしているので木陰に入ると涼しいのです。
ムシムシした京都の夏がいかに過酷なのか、改めて思い知りました。




b0144426_173534100.jpg





帰りの高速から見た夕焼け。

チーが首を長くして待ってますよ〜(いや、寝てるか…)
チー坊待っててね〜。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-08-30 17:59 | おでかけ
夏の小旅行〜素敵なお宿
b0144426_22433216.jpg




金沢から再び北陸道に乗り、車を走らせること1時間。
お宿に到着。

懐かしい感じのする里山の田園風景が広がります。




b0144426_22434426.jpg





b0144426_22435623.jpg





b0144426_2244945.jpg



ロビーには蒔ストーブ。
残念ながら今の季節は火は入っていませんが、冬にはふわっと空気を暖めてくれるそうです。
そんなストーブの周りには、これまたオシャレな観葉植物がズラリ。
一番左端は、家にもいるポインセチア。とても個性的な枝振りでしたよ。

窓から射す光がとても気持ちいい空間でした。




b0144426_22442559.jpg





ソファは、インテリア好きならご存知かしら。
ル・コルビジェのLC2ソファー。
壁際に置いてあるチェストもアンティークかしらん?
とてもいい佇まいでした。



b0144426_22444069.jpg





お部屋のお風呂はこれ!
ジャグジー!
ゴージャス〜!



b0144426_22445030.jpg





b0144426_2245152.jpg





夕食はレストランの個室でいただきました。
ここからも外の里山の景色が見えます。




b0144426_22451120.jpg



夕食のほんの一部。

アミューズブーシュ(右下)、
加賀太キュウリのコンソメ風味(左)、
牛サーロインのグリル(右上)。

全部美味しゅうございました〜。

こちらのお宿は、1日3組限定のオーベルジュ。
観光地からは少し離れた、何てことはない普通の田園風景の中に建っていますが、
どこをとっても絵になるような落ち着いたモダンな雰囲気でした。
おもてなしもとても温かかったし、なにより、館内の雰囲気がたまらなく心地よかったです。

夜は、きれいな星空に虫の音。
また、泊まりに行きたいなぁ。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-08-28 23:25 | おでかけ
夏の小旅行〜金沢21世紀美術館
b0144426_212536.jpg



このあいだの土曜日と日曜日、1泊2日の旅行へ行ってまいりました。
朝7時に出発して、ETCを積んでいない車で名神、北陸道をひた走り、
お昼前に第一の目的地、金沢にある
「金沢21世紀美術館~21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa」
にたどり着きました。

写真はヤン・ファーブルの「雲を測る男」。


b0144426_213536.jpg




こちらは、ジェームズ・タレルの「ブルー・プラネット・スカイ」

壁際に作られたベンチに腰掛けて、
正方形にくり抜かれた天井から刻一刻と姿を変える空を見上げます。

この日はお天気がよくて、抜けるような青空にぽわんと浮かんだ雲がとてもきれいでした。






b0144426_213145.jpg





なんてことない普通の通路だって、こんなにきれいで気持ちのよい空間。
美術館を囲む芝生の緑色がとてもきれいです。





b0144426_2132340.jpg





レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」


プルーの底に沈む人々。
実はこれ、ガラスで仕切られていて実際に水が張っているのは10センチほど。
水面を挟んで上と下とで鑑賞できるようになっています。

面白いですよね。こういうの大好きなんです。
アートって眺めているだけよりも、そこに参加するというか、体感できるものっていいなと思います。

是非ともプールの下にも入ってみたかったのですが、結局迷ってしまって行けなかったのです。
残念。無念。




b0144426_2145120.jpg





つづいて、山本基の「『100の迷宮』海に還る」

これ、塩なんですよ。
部屋一面、塩で作られた迷宮が広がります。
展示が終わればこの塩は海へと還されるそうです。





b0144426_215226.jpg





いろんな形のひょうたんがぶら下がってます。
これも作品のひとつ。
「栽培から始める音楽」

美術館ないの光の庭でひょうたんを育てて収穫し、そのひょうたんで楽器をつくろう!
というプロジェクトなんだそうです。




b0144426_2151268.jpg




通路に可愛く並んだウサギ形のチェア。

今回鑑賞して回ったのは全て無料ゾーン。
写真撮影も一部を除いてOKなのです。
こうやってのんびり、ぶらぶらと気軽にアートが鑑賞できるなんてすばらしい。
どこを撮っても絵になる、素敵な美術館でした。




b0144426_2152146.jpg




このあと、近江町市場へ移動して遅めお昼ご飯。
「近江町海鮮丼」。
贅沢に金箔入り。美味しかった〜。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-08-25 21:57 | おでかけ
なんだか最近
b0144426_20514911.jpg





チーのお鼻の先っちょが、茶色くなってきたような気がします…。





b0144426_2052094.jpg







しかし、なんと気持ち良さそうに寝るんだい。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-08-24 21:06 | チー
平成21年の送り火
b0144426_21165324.jpg


毎年、毎年、同じような写真ばっかりでナンですが…。

今年も天気が崩れることなく、予定どおり午後8時ちょうどに右大文字に点火。
右大文字は一斉に点火され、闇に「大」の字が一気に浮かび上がります。
一方、左大文字は中央から「やわやわ〜」と火が移動していきます。
これは「大」の文字を書く時の筆順どおりに点火するためそのように見えるそう。
ちなみに妙法は「妙」と「法」の山同士が離れており、お互いが見えないそうですが、
全く同時に点火されるそうです。
双方の山から見える位置から合図を送るため、同時点火ができるんですって。

長年京都に住んでいても知らないことばかり。

b0144426_2117636.jpg



単焦点のレンズではこれがめいっぱい。
望遠レンズが欲しいなぁ。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-08-16 21:44 | 京都
おもうつぼなのだ
b0144426_21283625.jpg



なに、びっくりした顔しとるん?

最近のチーのお気に入りは、寝室のベッドの上。


b0144426_21284569.jpg




この部屋、窓を開けてると風が通って気持ちいいもんね。



b0144426_2129022.jpg




写真をバシバシ撮ってたら、サービスしてくれました。
牙チラのゴロニャンポーズ♪




b0144426_21291178.jpg





リラックスしすぎて、ちょっと変な顔になってますよー。




b0144426_21292230.jpg


「はっ!ボクとしたことが…」



チーは小さな頃から、夜寝る時には自分のケージに入ってもらっています。
家に迎えた時からのルールで、ずっとそうしているので「夜はここ(ケージ)で寝るもんだ」
と思ってくれているようです。
元々私はアレルギー体質なので、寝室だけは入れないでおこうと思っていたのですが、
風通しを良くするために各部屋の窓と扉を開け放しにしていたら、
(寝室側の窓にはルーパーが付いているので脱走の心配がないのです)
寝室の窓から外を眺めることが楽しみになってしまったようで、
いつの間にやら寝室もフリーパス状態に。
ここ数日はとうとうベッドの寝心地のよさに気がついてしまった模様…。
ま、少しだけなら寝る前にコロコロを掛ければよいのです……………。

ああ、イカン。このままではチーの思うつぼ。
昼間はいいけど、夜は今までどおりケージだよ。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-08-10 21:51 | チー
夏野菜カレー
b0144426_19134264.jpg



職場でたくさん自家製お野菜をいただいたので、夏野菜カレーを作ってみました。
おナスとししとう(かな?)は、素揚げにしてトッピング。
夏の栄養たっぷりカレーです。

とてつもなく忙しかった月末と月初めをようやく乗り切り、今日は久しぶりの平日お休み。
昨日の予告どおり、チー坊を予防接種に連れて行きました。
予防接種後は体調を崩すこともあるそうなので、今日はお出掛けせずにゆっくりカレー作り。
カレーは時間を掛けて作る方がおいしいですね。

チー坊、体調を崩すこともなくご機嫌さんです。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-08-06 19:27 | へなちょこ料理
ぎょうむれんらく2
b0144426_224238.jpg


チーへ

あしたは よぼうせっしゅのちゅうしゃをしにいきますよ。

こんやは はやくねてください。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-08-05 22:06 | チー
ゆるやかに、ていねいに暮らす
b0144426_15223555.jpg


毎週楽しみにして見ているNHK BShiの「猫のしっぽ カエルの手」
この番組の舞台となっている京都大原は、実家から車で30分もかからないところにあります。
そんな親近感もあって好きなのですが、なにより、主人公ベニシアさんの丁寧な暮らしぶりにうっとりさせられます。

そんなベニシアさんが何冊か本を発行されていると知って、
見かけたらぜひとも買おうと思っていたのがこの本。

『ベニシアのハーブ便り』


b0144426_15224647.jpg



大原の古民家に手を加え、庭にはハーブや果樹、バラを植える。
普通の田舎の家が、丁寧に手を掛けることで素敵なガーデンを持つ味のある住居になっている。
そんな素敵な庭の写真や、季節感溢れる大原の写真もたくさん載っています。



b0144426_15225879.jpg



毎週、番組の中でハーブを使った色んなレシピが紹介されます。
お料理だけじゃなくて、古い木製の家具をお手入れするための天然ワックスとか、
冬物の衣装を虫から守るための、手づくりハーブのサシェとか。
この本には、それ以外にもハーブを使ったレシピがいっぱい。



b0144426_1523777.jpg



自分の育てたハーブを使って、人や動物、自然になるべく害を与えないものを作る。
とても素敵な暮らし方だと思います。
忙しくて、ついつい利便性ばかり追求してしまう生活をしていますが、
番組を見ながら、たまにふとそういうことに思いを巡らせるのも無意味ではないと思いました。

たまには、ベランダで育てているレモンヴァーベナのお茶でも煎れてみようかしら。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-08-01 15:50 | 日々のこと
| ページトップ |
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin