Top
ウンベラータの取り木に挑戦
b0144426_11523416.jpg



キャットタワーのてっぺんにキッチリ収まって、
チーがまったりしている日曜の午前。


b0144426_11525337.jpg



育ちに育って身長2mにもなり、
自分の重みで傾きつつあるウンベラータ氏の取り木に挑戦することにしました。

本当は去年くらいから考えてはいたのですが、なかなか決心がつきませんでした。
真っすぐにすくっと伸びたこの樹形も気に入っていましたしね。












b0144426_1153685.jpg



新芽が動き出してしまいましたよ〜!!

マズいです。
このままでは確実に天井にごっつんこです。
もう覚悟を決めるしかありませんね。




b0144426_1153178.jpg




用意するものは、水を含ませた水苔。





b0144426_11532859.jpg





園芸用のはさみ。
普通のはさみ。
カッター。
麻ひも。
ビニール袋。
霧吹き。
キッチンタオル。

そして床には新聞紙。
なぜ新聞紙と、キッチンタオル、霧吹きがいるかといいますと‥




b0144426_1154624.jpg





泣くんですよ。ウンベラータ氏が。

葉を落としたり、幹を傷つけたりするとこの白い樹液を出すのですが、
これはとってもベタベタしていて、固まるととても厄介なのです。
フローリングに付いたり服に付いたりしたら取れなくて大変です。
だから新聞紙を敷いて、ウンベラータ氏が泣いたらば
霧吹きで洗いながらキッチンタオルで拭くのです。




b0144426_11541521.jpg





茎をカッターでぐるりと切ったら、「ごめんねーごめんねー」とつぶやきながら
2センチ程の幅で表皮をはがします。
なんだ「蕗(フキ)」を摘み取るときと同じ匂いがしましたよ。



b0144426_11544968.jpg



傷口をキレイに拭いたら、水苔をたっぷり巻き付けて
その上からビニール袋で覆って、麻ひもでしばります。

うまくいけば、1〜2ヶ月程で発根してくれるはずです。
そうしたらざっくり切って、新しい土に植え付けてやれば
ウンベラータ氏が二人に増えるわけです。



b0144426_1155276.jpg



大きな葉っぱにチー坊もびっくり。
遠近法を使っているわけじゃなくて本当に大きな葉なんです。
チー坊など、すっぽり隠れてしまう大きさ。

さてさて、今回の取り木は一カ所だけではなくて、二カ所同時に行う予定。
今度は上から三分の一程の部分にカッターで切り込みを入れていたその時……

…………

…………


バキ!!




b0144426_11551243.jpg




折れちゃいました…………。
ほんの少し切り込みを入れただけだったのに。
やっぱり重かったみたいです。
まだ木質化していない若い茎では、頭の部分を支えきれなかったみたい。



b0144426_11552225.jpg



ダメモトで、多かった葉っぱを落として花瓶に挿しておく事にしました。
運が良ければ発根してくれるかもしれません。
実際、ポインセチアはこうやって増やしましたし。

それにしても、びっくりした。
そばで見ていたチーも目をまん丸にしていましたよ。



b0144426_11553165.jpg




ということで現在のウンベラータ氏。
期せずにすっきりしたお姿となられました。

思わぬハプニングがありましたが、うまく行ってくれることを願います。
最後までお付き合いありがとうございました。
よろしかったら、心の中で「がんばれウンベラータ氏」と応援してやってください。
[PR]
Top▲ | by angers03 | 2009-04-26 12:31 | グリーン
<< ポインセチアの剪定後 | ページトップ | 城南宮へ >>
"maidenhair fern" Skin
by Animal Skin